家と税金

これまでは賃貸で暮らしていて念願の「一戸建て」を購入したい。ですが賃貸と違い一戸建てには色々な税金がかかってきます。

住宅を購入する場合はもちろん、所有している住宅を賃貸として収入を得ると税金がかかってきます。また所有している住宅を売却する場合にも税金がかかてきます。

住宅にかかる税金は、経済対策などで頻繁に変更されますが、政策に注目し、優遇対策をうまく利用すると税金の額を減らす事が出来ます。

住宅に係ってくる税金には以下のようなものがあります。

住宅を取得する時にかかる税金

・不動産所得税

不動産の取得に対して、その不動産がある都道府県が所得者に課せる税金です。

・登録免許税

土地や建物の売買による移転登記など、さまざまな登記にかかる税金です。

・消費税

土地の取得には消費税はかかりませんが、その上に建つ建物には課税されます。

・印紙税

契約文章の記載額に応じて税金がかかります。

・相続税

相続した時の価額に応じて税金がかかります。

・贈与税

取得した時の価額に応じて税金がかかります。

住宅を保有している時にかかる税金

・固定資産税

土地・家屋・償却資産を所有している人が、その固定資産の価格を基に算定された税金を、市町村に納めます。

・都市計画税

公園、道路、下水道設備などの都市計画事業のために固定資産税とともに市町村に納めます。

住宅を売却した時にかかる税金

・印紙税

契約文章の記載額に応じて税金がかかります。

・所得税

売却時に他の所得とは別に課税されます。

・住民税

売却時に他の所得とは別に課税されます。

住宅を賃貸した時にかかる税金

・所得税

不動産所得に対して課税されます。

・住民税

不動産所得に対して課税されます。

以上のように様々な税金が関わってきますが、よく理解し優遇対策などをうまく利用することで大きく税金の額を減らすことができます。

私が家を購入した創建のHP
新築一戸建て住宅分譲地のご紹介と創建のオススメ物件情報