一戸建ての光熱費

私もマンションから一戸建てになってから同じ人数で同じ生活をしていたのにかかわらず、光熱費が上がっておりビックリしました。

でも、よくよく考えてみれば当たり前の事ですよね。部屋数が多くなって家の中が広くなり、天井もマンションの頃と比べて高くなっていますからね。その分、エアコンなどの使用量が増えて、必然的に光熱費が上がってしまいました。

そこで以前から気になっていた太陽光発電について調べてみました。

太陽光発電のメリット

・光熱費を発電でまかなえる。

これが出来なければ本末転倒ですよね。

・発電して余った電気を売ることができる。

光熱費を減らすだけでなく生活によっては発電した電気が余ってしまいますが、余った電気は買い取ってもらえます。

・補助金などの制度が充実している。

太陽光発電を設置するのも安くはないですが、補助金などの制度を使えば設置の費用を抑えることも可能です。

・災害時などで地域が停電しても発電で電力をまかなえる。

記憶に新しいかと思いますが、東日本大震災の後の計画停電なんてのもありました。そんな時でも太陽光発電で電気を使うことが可能です。

・エコである。

現在の日本の電気をまかなっているのは原子力発電と火力発電がほとんでです。それらは発電効率は高いものの、廃棄物や排出物が環境にいいとはいえません。せっかく建てたマイホームでも地球が住めない環境になってしまえば意味がありません。

他にもメリットはあるのですが、色々調べて設置してみて大きく実感できたのは上記かとおもいます。

中々、即決できるような買い物ではありませんが、光熱費が気になる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。マンションでは設置するのが難しい太陽光発電は一戸建てだけの特権ですね。