一戸建ての価値

一戸建て住宅の価格は建物と土地の価格の合計になります。

ですが、建物の価格は、築年数が経つにつれ下がっていき、築20年がたった建物には価値がないと言われています。築年数が経つにつれと、言っても毎年同じだけ下がったりはしません。人が住んだ時点で中古住宅となり、一気に建物の価値は下がります。

その後、徐々に価値が下がっていくのが一般的です。なので、築20年以上の中古の一戸建て住宅は基本的に土地の価格だけになってしまうのです。

築20年以上の中古住宅を売る時は、今現在、土地の価値はいくらかで決定します。

中古住宅はどこから?

基本的には住宅に人が住んだ時点でその住宅は中古住宅になり、年々価値が下がっていきます。

では、建ってから人が住まずに築年数だけが経過した場合はどうなのでしょうか。

例えば買い手が決まらずに月日だけ経過する分譲住宅です。現在は、建ってから人が住んでいなくても1年が経過した住宅は中古住宅とされています。

そんな場合、中古住宅とといっても1年や2年じゃ設備もそこまで進歩することもないですし、人が住んでいませんので状態もほぼ新築と変わりません。

だとしたら、分譲住宅なんかが狙い目かもしれませんね。

私が家を購入した創建のHP
http://www.k-skn.com/